2006年01月15日

新年親睦会(1/15)

 毎年恒例の新年親睦会。お鍋を囲んで楽しいひとときを過ごしました。司会の山川泰朗さんの工夫で、いつもよりも楽しい親睦会であったのではと思います。ホームおられる小山富貴子さんも参加され、良き交わりをすることができました!
posted by 大阪昭和教会 at 15:42| 足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

元旦礼拝(1/1)

 2006年最初の主日礼拝を元旦に守り、「冒険に出かけよう」というメッセージを聴き、私たちをいつも励まし導いてくださる主を信じ、希望をもって歩みだす力をいただきました。また参加者は礼拝の中で互いの祝福を握手をして祈り合うことができました!
posted by 大阪昭和教会 at 15:40| 足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

教会学校クリスマス会

 教会学校では12月25日の朝にクリスマス礼拝を守り、大人の礼拝後にはイエスさま誕生物語の人形劇を皆さんにごらんいただきました。午後からは子どもクリスマス会。幼児から中学生まで、お友だちが集まり、讃美歌を元気に歌い、「ファーストクリスマス」というビデオを鑑賞。ゲームや手品、またクイズと楽しいときを過ごした後、自分たちで生クリームや果物でお菓子をデコレーション。自分だけのクリスマスケーキを作って食べました。最後はみんなでビンゴゲーム! みんなの「せ?の?!」のかけ声、画面に出てくる数字を見ながら「あった?!」という喜びの声と「あ?、また無い…」とがっかりする声が部屋に響きわたり、楽しく子どもクリスマス会をもちました。
 中学科は23日にクリスマス会を守り、福万先生からマザーテレサのお話を聞き、朝から作ったデコレーションケーキを食べ、プレゼント交換をして楽しいときを過ごしました。
posted by 大阪昭和教会 at 15:33| 足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪昭和教会のクリスマス

 クリスマスは、クリスマスを待つ待降節から始まります。ろうそくを一本ずつ灯し、主の再臨と終末を待つ思いを新たにしました。2005年は4回のアドヴェントを過ごし、25日に日曜日を迎えたので、いつもよりゆっくりとクリスマスを味わった気がします。
 その中で12月18日、大阪女学院の中高生のハンドベル部の皆さんを招き、ハンドベルコンサートを開きました。学生さんの一生懸命な姿と澄んだ音色に心を洗われたひとときでした。24日土曜日はキャンドルライトサービス。大阪昭和教会聖歌隊の讚美とミュージックベル、笛の演奏を入れながら、地域の方々にお越しいただいて礼拝を持ちました。この日のために、毎週頑張ってくださった方々に感謝です。その後、近隣の家々を巡るキャロリングを行いました。CSの子どもたちはたくさんのお菓子をあちらこちらでいただいて帰りました。聖歌隊やキャロリングに参加してくれた子どもたちにとって他では味わえないクリスマスの体験は、大人になってもきっと心に残っていることでしょう。
 25日はクリスマス礼拝と愛餐会を持ちました。またCSの人形劇による降誕劇が上演され、楽しい笑いに包まれました。愛餐会では久しぶりにプレゼント交換をし、わくわくどきどき。童心に返ってしまいました。プレゼントはもらう喜びと同時に、選んで準備するときから楽しいものですね。
 悲しみに遭ったり、重荷に苦しんだ方もあると思いますが、共に兄弟姉妹が集まり、礼拝をし、一緒に過ごす時間が、少しでも慰めになればと願っています。クリスマスの喜びをそれぞれの胸に灯し続けていきましょう。
posted by 大阪昭和教会 at 15:32| 足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

教会学校秋のピクニック(11/19)

 11月19日、秋晴れの中、教会学校で富田林の城山オレンジ園にミカン狩りに出かけてきました。参加者15名は、お腹一杯ミカンを食べて、満足、満足…。アスレチックで汗を流し、変形卓球台でピンポンを楽しむなど、一日豊かなときを過ごしました。また帰りにはカゴいっぱいのミカンをおみやげに持って帰りました。翌日の礼拝は収穫感謝礼拝。「収穫」したたくさんのミカンを礼拝堂に置き、神さまが与えてくださる収穫の恵みを覚えて礼拝を守ることができました!
posted by 大阪昭和教会 at 15:41| 足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする